不動産コラム

COLUMN

不動産独立開業のホームページで絶対やってはいけない(その1)

不動産独立開業のホームページで絶対やってはいけない(その1)

独立したての時には、たくさんの乗り越えなければならない課題があります。
たとえば営業に関わる課題では

・営業エリアを選定(どこで稼ぐか?)
・集客をどうするか
・スタッフ人材の採用

このような営業に関わる課題については
これまで様々なご相談をお受けしてきました。

この記事では独立開業時のファーストステップでの
課題についてご説明致します。

schedule2024.05.27

folder不動産独立開業

ファーストビューに更新情報を置くことが大切なワケ

ファーストビューに更新情報を置くことが大切なワケ

お客様はいろいろな要望や希望をもってネットで物事達成しようとするとき
様々な判断をしながらネット検索をします。

そして知らず知らずのうちに自分自身の基準をもってホームページを
線引きするようになります。

その線引きはどういったことで線引きされるのでしょうか。

schedule2024.04.19

folder集客WEBレイアウト

反響がガッチリ取れる不動産ホームページ制作 【スライダー機能を考える】

反響がガッチリ取れる不動産ホームページ制作 【スライダー機能を考える】

反響を取るための不動産ホームページでは、
初見のお客様にいかにそのサイトのメリットやお客様にとって
どれだけ物件探しに有効かを、わかりやすく伝えることがまず重要となります。

気をつけないといくら情報を更新しても
効果が半減するどころか、お客様が二度とリピートせず
他のサイトに取られることにもつながりますので

不動産ホームページの立ち上げやリニューアルには、
特に気をつけてデザインやレイアウトを改善すべき内容となります。

schedule2024.04.18

folder集客WEBレイアウト

新聞折込で不動産広告を行う事は時代遅れなのか?

新聞折込で不動産広告を行う事は時代遅れなのか?

不動産集客の方法として不動産チラシ(広告)を利用する事は、もう時代遅れだとおっしゃる方が増えてきました。
確かにひと昔前まで、週末ともなれば物件情報満載の不動産仲介会社チラシや、モデルハウスやオープンハウスでの無料イベント紹介記事が掲載された、新築分譲会社チラシが新聞に折り込まれていたものです。

schedule2024.04.15

folder

新聞折込で不動産広告を行う事は時代遅れなのか?

新聞折込で不動産広告を行う事は時代遅れなのか?

不動産集客の方法として不動産チラシ(広告)を利用する事は、もう時代遅れだとおっしゃる方が増えてきました。
確かにひと昔前まで、週末ともなれば物件情報満載の不動産仲介会社チラシや、モデルハウスやオープンハウスでの無料イベント紹介記事が掲載された、新築分譲会社チラシが新聞に折り込まれていたものです。
不動産仲介会社は自社受託中の物件を、住宅メーカーやマンションメーカーは沿線の自社商品を、建売業者は近隣の新築現場を争うようにエリア内へ新聞折込広告を実施、一人でも多くの人へ周知しようと必死になっていました。
そして、各社ともに自社のイメージ戦略としてチラシのデザインをある程度統一し、自社独自の広告テンプレートを制作する等、新聞折込チラシこそマーケティングの主戦場と考える不動産プレーヤーは沢山いらっしゃいました。

schedule2024.04.12

folderチラシ広告

ご相談・お問い合わせ